HOME > Tulip Craft Cafe ブログ > 花ふきん SASHIKO WORLD Hungary新発売
スタッフ日記

花ふきん SASHIKO WORLD Hungary新発売

by よーじ

チューリップから刺し子のキット、花ふきん SASHIKO WORLD Hungary新発売です。

人気の花ふきん SASHIKO WORLDシリーズ第3弾です。
針ものがたりの刺し子針1本、糸、水で落とせるプリントつきの酵素晒木綿が入っています。

商品は、2017年4月27日(木)~4月29日(土)開催の第41回 2017 日本ホビーショー、弊社ブースでも購入が可能です。
第41回 2017 日本ホビーショー出展のお知らせは、こちら>>

チューリップクラフトカフェ:
花ふきん SASHIKO WORLD Hungary チューリップとケシの花は、こちら>>
チューリップは、機織り道具や門、墓標に至るまで、ハンガリーのフォークアートにおいてよく見られるモチーフです。種の多いケシの実は豊穣や多産を象徴し、また古い民俗行事では、魔女を追い払う道具としても使われました。中央から放射状に広がるデザインは、テーブルクロスによく見られる構図です。

IMG_170412_KSW-009-3
 

花ふきん SASHIKO WORLD Hungary ことりとチューリップは、こちら>>
大きなチューリップに鳥が止まっている図案は、エプロンの刺繍の影響を受けたデザインです。向かいあわせになった鳥のモチーフは、愛の象徴として枕カバーや婚礼のロングクロスにも見られます。

※イメージ写真は、実際の生地の色と異なります。

IMG_170419_KSW-010
 

花ふきん SASHIKO WORLD Hungary 月桂樹のリースと生命の木の水差しは、こちら>>
元々、壁面をいっぱいに埋める絵皿や水差しは、富の象徴として嫁入り道具に数えられました。やがて70年代にイーラーショシュでリビングを飾る流行が訪れ、飾り絵皿や水差しの形が刺繍されるようになりました。月桂樹のリースや生命の木を象った図案がよく使われます。

IMG_170412_KSW-011-3
 

花ふきん SASHIKO WORLD Hungary 円形のバラは、こちら>>
古い図案のひとつに、「回転するバラ」と呼ばれるものがあり、このデザインもそのヴァリエーションのひとつです。魔除けとも太陽の象徴ともされる、ロゼッタというモチーフが原型となっています。ロゼッタは、元々教会のガラス窓を飾るものでしたが、やがてフォークアートにも現れるようになり、家や門やゆりかご、衣装など、さまざまな所で所有者を護っているかのようです。

IMG_170412_KSW-012-3

コメントを書く
投稿いただいたコメントは、編集部でチェック後、掲載させていただきます。
掲載までに少しお時間をいただくこともありますのでご了承くださいね。また、利用規約投稿等に関する規約投稿に関するガイドラインに同意の上ご投稿ください。