チューリップ
SASHIKO WORLD
SASHIKO WORLD

“刺して楽しく、刺し終わったあとは使っても飾っても嬉しい刺し子”をコンセプトにしたシリーズです。

刺し子とは…?

日本に古くから伝わる伝統的な刺繍で全国各地で独自に発展し、特に東北地方に伝わる刺し子が広く知られています。布地を綴り縫いや刺し縫いする針仕事のことを言います。

(1)晒木綿

大阪・堺市の伝統産業である「和晒」

「和晒」とは、木綿から不純物を取り除いて漂白した生地のことで、江戸初期から多く生産されてきました。 綿本来の風合いを損なうことなく、優しい肌触りが特徴です。

(2)刺し子糸

美しい発色と、刺しごたえのある「刺し子糸」

一般の刺繍糸よりは太く、よりが甘いのが特徴です。針目が鮮明に出てとてもきれいな模様を作り出します。

(3)手縫針

江戸時代から続く歴史ある「広島針」

広島針の製造の歴史は、遠く300年以上前、藩主浅野家が下級武士の手内職として普及させたことに始まります。その伝統を現在も受け継ぎ、広島は手縫針、待針の全国生産量の9割以上を占める針の産地になりました。一針一針想いを込めて作りあげた手縫針の使い心地は絶品です。

花ふきんが完成したら
人気ランキング